岡山大学医学部・病院の歩み

トップページ >岡山大学医学部・病院の歩み

未来へと紡ぐ、業と精神。岡山大学医学部・病院が歩んできた150年間の軌跡。

明治

明治3年
(1870年)
4月 岡山藩は備前国上道郡門田村操山の麓(現岡山市中区東山1丁目)に医学館を設置し、
医学生徒の教育を始めた。
6月 「岡山藩医学館大病院」を併設。
明治4年
(1871年)
7月
中之町(現岡山市北区表町1丁目)に「岡山藩医学館小病院」を併設。
明治5年
(1872年)
1月 岡山藩医学館を「岡山藩医学所」と改称。
7月 中之町に岡山藩医学所および大病院を移転し小病院を合併、病院内に医学所を設置、
「医学教場」と称した。
明治6年
(1873年)
8月 病院を栄町(現岡山市北区表町2丁目)に移転。
  11月 文部省の許可を得て「岡山県病院」と改称。
明治9年
(1876年)
4月 岡山県病院を「岡山県公立病院」と改称。
明治12年
(1879年)
3月 岡山県公立病院を「岡山県病院」と改称。栄町から弓之町(現岡山市北区弓之町)に移転。
明治13年
(1880年)
9月 医学教場は病院より分離し、「岡山県医学校」として独立。
明治16年
(1883年)
4月 岡山県医学校卒業生は、内務省の試験を受けることなく開業免状が交付されることになる。
8月 甲種医学校として允可され、西日本最大の医育機関となる。
明治17年
(1884年)
5月 校舎を岡山城内西丸(元内山下小学校)に移転。
明治19年
(1886年)
4月 全国を5区に分割し、各区に1つの高等中学校を設置することとなり、第3区の高等中
学校の本部が京都に置かれ、岡山は第3区に属した。
明治20年
(1887年)
8月 各高等中学校に医学部が設置されることになり、第一を千葉、第二を仙台、第三を
岡山、第四を金沢に設置、次いで第五を長崎に置くことになった。
明治21年
(1888年)
4月 岡山県医学校を廃止し、「第三高等中学校医学部」を設置。
明治22年
(1889年)
2月 岡山医学会の初回講演会が開催され、12月に岡山医学会雑誌を初刊。
明治23年
(1890年)
7月 医学部校舎を内山下に移転。
明治24年
(1891年)
7月 岡山県病院が内山下に移転。
明治27年
(1894年)
6月 高等学校令により、第三高等中学校医学部が「第三高等学校医学部」となった。
明治34年
(1901年)
4月 第三高等学校医学部は第三高等学校から分離、「岡山医学専門学校」として独立。

大正

大正10年
(1921年)
4月 岡山医学専門学校および岡山県病院を鹿田に移転。岡山県病院が文部省へ移管され、 岡山医学専門学校附属医院となった。
大正11年
(1922年)
4月 岡山医学専門学校を廃止し、「岡山医科大学」を設置。
5月 岡山医学専門学校附属医院が「岡山医科大学附属医院」と改称。

岡山大学医学部の先人たち

生田 安宅
生田 安宅 (1840-1902)
岡山藩医学館 教授 / 岡山県病院 初代院長
備前藩の侍医から、明治3年春の岡山藩医学館開設で教授に。開設直後の廃藩置県を発端とする組織変更や、県費支給廃止を乗り越え明治8年、岡山県病院の初代院長に。岡山大学医学部の基礎を築いた最大の功労者と言われる。
筒井 八百珠
筒井 八百珠 (1863-1921)
「コンコルディアの鐘」と名づけた鐘の音とともに校内が同心(Concordia)と平和に満ちていなければならないとし、学生対策だけではなく教授間相互の融和を図り、校長、院長として同心平和の精神を基本理念とした。こうして学園紛争を解決し、危機的状況にあった本学の正常化を果たし、大学昇格の機運をもたらした。
その後は医科大学への昇格にも尽力した。
矢部辰三郎
矢部辰三郎 (1863-1924)
備前御野郡大供村生まれ。明治17年岡山県医学校を第一期生として卒業し、日本人としてはじめてフランスのパスツール研究所に留学した。翻訳本を出版するなかで、日本ではじめて「免疫」という用語を使用した。
日本結核病学会の創立にあたり発起人として、多大の貢献をした。
※卒業生
石井 十次
石井 十次(1865-1914)
社会事業の父
宮崎県児湯郡上江村馬場原生まれ。明治15(1882)岡山県医学校に入学後、キリスト教に入信。在学中の明治20年(1887)岡山市門田に日本孤児教育会(後の岡山孤児院)を設立。そのため明治22年(1889)医学修業を断念、退学し、孤児・貧児の救済に専念。開設以来明治42年(1909)までに1,965名の児童を養育した。岡山四聖人の一人。
山谷 徳治郎
山谷 徳治郎(1866-1940)
美作真庭郡勝山町産まれ。明治18年岡山県医学校を卒業し東京帝国大学医学部で国家医学を学修した。
明治24年「国家医学」を創刊し、医界の報道、評論するなど文筆活動をした。一時医療に従事したが、文筆活動を続けた。
特に関東大震災の翌月、「医事公論」を発行を断行するなど、50年以上以下ジャーナリストとして活躍し医学雑誌経営の半生を送った。脚本家倉本聡は、山谷の孫にあたる。
※卒業生
矢野 恒太
矢野 恒太(1866-1951)
第一生命 社長
明治16年、岡山県医学校入学、4年生の時岡山医学会を結成。学制変更で第三高等中学校医学部を卒業し、日本生命の保険医となる。同35年に日本初の相互保険会社・第一生命を設立。31年間に渡り、社長、会長をつとめる。
在職中、北里柴三郎、秦佐八郎らと結核対策に取り組む。また「日本国勢図会」を刊行し、統計知識の普及に努めた。 ※卒業生
上坂 熊勝
上坂 熊勝(1867-1934)
岡山医学専門学校 教授 / 脳神経起首研究 / 帝国学士院恩賜賞受賞
金沢に生まれ、第三高等学校医学部講師として来岡し、明治34年岡山医専解剖学教授に就任。神経細胞群(神経核)を明らかにする研究の先駆者で、46歳で恩賜賞受賞。神経解剖学のメッカと言われた岡大解剖学の礎の人。
桂田 富士郎
桂田 富士郎 (1867-1946)
岡山医学専門学校 教授 / 日本住血吸虫発見
石川県加賀市出身。石川県の金沢医学校(金沢大学医学部)を卒業後、帝大医科(東京大学医学部)三浦守治教授の下で病理学を専攻し、明治23年から大正元年まで第三高等中学校医学部講師、岡山医学専門学校教授として病理学を担当。世界的寄生虫学史に残る日本住血吸虫の発見で帝国学士院賞を受賞した。功績を讃え日本寄生虫学会に桂田賞が設けられている。
秦 佐八郎
秦 佐八郎 (1873-1938)
梅毒特効薬 / サルバルサン発見
島根県生まれ。明治24年第三高等中学校医学部入学、明治28年第三高等学校医学部卒業、岡山県立病院助手を経て明治31年上京、北里柴三郎の伝染病研究所に入所。その後ドイツに留学し、エールリッヒの下でスピロヘータに効く化学製剤の研究に励み、特効薬サルバルサン(エールリッヒ・秦606号)誕生の歴史的瞬間を迎えることとなった。
※卒業生
佐伯 矩
佐伯 矩 (1876-1959)
栄養学の父
愛媛県新居郡(現西条市永見)生まれ。世界から「栄養学の父」と称されている。
第三高等学校医学部(現岡山大学医学部)に学び、卒業後の1904年、大根ジアスターゼを発見し、植物に消化酵素があることを最初に証明した。
世界最初の栄養士の専門教育機関である栄養学校(現学校法人佐伯学園)を開校。
※卒業生

ページの先頭へ戻る